不妊治療

不妊治療にかかる治療費の相場は?

不妊治療も妊活の一種ですが種類はありますし、人により妊娠までにかかる時間は異なります。
一般的に不妊治療は費用が高く、経済的な余裕がないと受けられないと言われていますが、これは不妊治療に健康保険が適用されないからです。

不妊に悩む人にとっては切実な問題でも、社会全体から見ると不妊は病気とは捉えられません。
健康保険は病菌の治療に適用されるものですから、病気とは考えない不妊治療は自由診療となります。
日本でも各自治体が不妊治療の援助を行っていますが、海外に比べると妊活の認識や対応は遅れていると言わざるを得ません。

不妊治療にはいくつかのステップがあり、状況に応じて治療法は異なります。
多くの場合タイミング療法からのスタートとなりますが、タイミング療法に関しては特に病院で行う治療はないため、健康保険が適用となります。
妊活の中では比較的精神への負担も軽い方法です。

タイミングで妊娠すればここで治療は終了となりますが、効果が得られない場合は人工受精、体外授精、顕微授精と選択肢が変わります。
費用がかかるのはここからですが、段階が進むにつれて治療費は高くなる傾向があります。

人工授精はその名の通り人工的に受精をさせる方法です。
費用は1万円から3万円と幅があります。
自由診療の場合は料金に規定がないため、病院により料金が異なるからです。
相場として見た時に、1万円から3万円となります。

体外受精や顕微授精はきちんとした設備と高い技術が必要となるため、費用も高くなります。
相場は体外受精が30万円前後、顕微授精が40万円前後となっています。
1回で成功するとは限らず、2回目、3回目が必要となればその都度費用がかかります。
病院による違いはありますが、回数を重ねると費用は安くなるようです。

体外受精の場合は、1度で成功しなかった場合に備えて、受精卵を凍結保存しておきます。
保存にも費用がかかるため、不妊治療の中では最も高額となります。
凍結保存費用はだいたい10万円前後となっています。
不妊治療も妊活の一種と捉える事はできますが、経済的な負担だけでなく、精神面での負担も大きくなります。