妊活・妊娠中に摂取した方がいいものとは
不妊治療

妊活・妊娠中に摂取した方がいいものとは

妊娠中といっても、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期までいくつかに分かれますし、それぞれの時期での注意点も変わってきます。
妊娠初期は赤ちゃんが成長するために必要な成分もありますが、安定期に入るまで無理はできません。

妊娠初期は赤ちゃんが成長するために欠かせない物があります。
胎芽から胎児へと成長する時に、脳や神経や脊髄も作られます。
この時葉酸が重要な部分を形成するサポートをするので、成長が促進されます。
妊娠初期といっても3ヶ月頃になるため、妊娠に気づくか気づかないかの微妙な時期です。

この時期に葉酸が不足していると、発育不足となり障害や奇形のリスクを高めると言われています。
ただし足りない事で必ず奇形が障害が出るというわけではないので、神経質になる必要はありません。
摂取しておくとリスクを軽減できるので、葉酸は妊娠前の妊活中から摂取し始めるのがベストです。

妊娠中期から後期にかけても、葉酸は必要です。
サプリメントで摂取すると続けやすいので、妊婦用の葉酸サプリはオススメです。

カルシウムは骨を丈夫にするためにも必要な成分ですが、過剰摂取に注意しなければいけません。
毎日牛乳を飲み日光浴をする習慣をつけておくと、過剰摂取も防げますし、ビタミンDの合成ができます。

ビタミンCは野菜や果物からも摂取できます。
免疫力アップと鉄の吸収をサポートする働き、コラーゲン生成をサポートする働きがあります。
妊娠中は貧血を起こしやすいので、鉄分の補給も欠かせませんが、ビタミンCをプラスすれば吸収率がアップします。
お腹が大きくなってくると妊娠線ができやすくなりますが、コラーゲン生成をサポートして保湿していけば予防も可能です。

妊娠中に必要な成分はいくつかありますが、過剰摂取に注意したい成分もあります。
ビタミンAは退治の奇形リスクを高めます。
カルシウムと相性の良いビタミンDは高カルシウム血症や、歯牙形成異常のリスクを高めます。
適度に摂取すれば良い作用をする成分でも、過剰摂取によるデメリットがある場合は注意してください。